環境と廃棄物について調査から計画、設計、監理までを全国展開するコンサルタント。(株)日本環境工学設計事務所

地球温暖化対策実行計画(事務事業編・地域施策編)

 地球温暖化とは、二酸化炭素などの温室効果ガスの大気中濃度が増加することによって、太陽からの日射や地表から放射する熱の一部が温室効果ガスに吸収され、気温が上昇する現象です。地球が温暖化すると、海の水位が上昇したり、異常気象が発生したりするなど、様々な影響が生じるといわれています。
 「地球温暖化対策の推進に関する法律」第21条において、市町村は、自らの事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出の抑制のための措置に関する計画(地球温暖化対策実行計画)を策定することが義務づけられています。
 地球温暖化対策実行計画の策定時には、関係会議への出席、資料作成、職員研修への参加など事務局をサポートします。